【妊娠10ヶ月36週】臨月が地味に辛い!寝不足、体重増加、こむら返り…

こんにちは!主婦ブロガーのにゃもぴです☆

5人目妊娠中の私は、2020年7月8日から臨月(妊娠10か月)に入りました。

妊娠生活もラストスパート!残りわずか1ヶ月で、待望の赤ちゃんに会える!

期待と不安でドキドキわくわくな臨月ですが、

実は地味に辛い時期でもあるので今日はそのお話をしたいと思います。

◆ 【妊娠中期~出産まで】体重管理のコツ

臨月の赤ちゃんの様子

妊娠10ヶ月に入ると、定期健診は毎週1回に。

赤ちゃんの体重はだいたい2200gぐらいになっています。ここから1ヶ月の間に3000gまでぐんぐん大きくなります。

赤ちゃんの体重は、1週間あたり250~300gぐらい増えるそうですよ!(医師に聞きました。)

当然自分の体重も増えるので、恐ろしい右肩上がりになります( ノД`)

私に起きた臨月の身体のトラブル

おなかも大きくなるのでさらに生活しづらくなります。腰痛もひどくなるし。寝る時はあおむけなんて絶対無理です。

妊娠初期はつわりでかなりきつかったけど、臨月も地味に辛い!!

私が臨月に入って起きた身体のトラブルをまとめました。

 

足がむくんで漢方薬を処方された

お腹がさらにおっきくなって、血管を圧迫するため足がむくみやすくなります。

私の産婦人科では、当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)が処方されました。妊娠中のむくみには、たいていこれだと思います。

これがほんとまずい。草の味がします。飲むのに失敗すると死にそうになります。。。

あとは、運動して血行を良くし、汗をいっぱい出すとよいですね。毎日4㎞ぐらいウォーキングしてたのに、むくんでるといわれた時はショックでした。

ときどき尿蛋白が出た

今までなかったのに、尿検査で尿蛋白に引っかかることが1ヶ月に2回ほどありました。

尿蛋白が出るってなんぞ?って思ったんで調べたんですが、妊娠中は特に腎臓に負担がかかりやすいんだとか。

尿蛋白+高血圧だと、妊娠高血圧腎症(昔でいう妊娠中毒症)になるのですが、血圧は正常値だったので大丈夫でした。

先生には「塩分控えめにしてしっかり睡眠とってね」とアドバイスされました。

 

寝ている間にこむら返りが起きる時がある

こむら返りが起きるのは臨月に入る前からちょくちょくありました。8ヶ月ぐらいからかな?

寝ているときに急に足がつるので、悶絶ですよー!!本当に死にそうになる…。でも、こむら返りは以前の妊娠でも経験済みだったので、冷静に対処しました。

以前は「頻繁」だったので辛かったですが、今回は「ときどき」だったので良かったです。

医師に相談すれば、頓服の漢方薬「芍薬甘草湯」を処方してもらえるはず。

血圧がいつもより少し高め

血圧はどちらかというと低い方なのですが(通常100の60とか)、臨月入ったあとは上が110~120ぐらい、下は80~90ぐらい出ることが多くてびっくりしました。

お医者さんいわく、130を超えなければ大丈夫だそうです。

体重増加が止まらない!

上でも書いた通り、赤ちゃんの体重がどんどん増えるので、自分の体重も同じように増えます。妊娠中期で頑張ってキープしていた体重がキープできなくなり、気を抜くと+1㎏なんて余裕です。

運動量と食べる量をさらにストイックにしてなんとか調整してた感じ。アスリート並みの食生活だった…(気持ちだけ)

お腹がよく張るのと胎動で夜眠れない

臨月に入ると、少しの物音ですぐに起きるように。

うちの場合は、ほかの兄弟(3人)がまだ保育園児なので、夜中にトイレで起こされたり、寝言が激しかったり、ぐずったり、ただでさえ寝れない!

さらに寝ていてもお腹が張ったり、胎動で起こされたりと、本当に寝れない日々が続きました。

昼寝するとさらに眠りが浅くなり、悪循環に陥るので、目がギンギンでも日中は頑張って起きているようにしました。睡眠不足は精神的にきついです。

 

下剤飲んでても便が出づらい

私の主治医の先生は「下剤推し」の先生なので、便秘じゃなくても下剤で体重減らしてる感じでしたが…臨月に入ると、それもなんだか出る回数が減ったような。。。!

便が出ないのも体重増加につながるので、便の出が悪いだけで結構へこんでました。

 

臨月が辛い!私が辛かった理由

臨月を過ぎると、もう赤ちゃんもしっかり大きくなっていて、いつ生まれても大丈夫なはず。。。

出来れば早く出てきてほしい。と願っていました。

5人目だから子宮口は開きやすいはずだし、早く生まれてくれるだろう…と。

予定日よりも2週間ぐらい早く生まれて、7月誕生日がいいな~(予定日は8月上旬)なんてずっと思っていたので、ゴールまでのラストスパートが本当に辛かったです。

 

体重管理が本当に辛い

上で書いたことと重複になっちゃうのですが、妊娠9ヶ月ごろから赤ちゃんの体重がグングングーーーンと増えるので、体重がガンガン増えました。

これが赤ちゃんの体重なのか、自分の脂肪が増えているのかよくわからない・・・けれど体重は増える増える増える。

毎日食べていたわらび餅や糸こんにゃくも、飽きてきてそろそろ限界です。早く食べたいものを気兼ねなく食べたい!(食べるの大好き)

食べたいけどおいしいものは食べれない状況が早く終われ~~!と本当に辛かったです。

胎動が激しくて辛い

赤ちゃんが成長するにつれて、お腹周りもどんどん大きくなるので当然腰痛が辛いです。

それに加え、うちの子は胎動がめちゃくちゃ激しかったので、ガチで痛かったです。

(多分5人の中で一番激しかった…)

本来、胎動って赤ちゃんが元気な証拠でほほえましいはずなのに、「蹴らないで~~~!」って感じでした。

前駆陣痛が痛くて辛い

さすがに5人目なので、妊婦検診の内診ではいつも「子宮口3㎝」です。経産婦さんだとよくあることみたいです。(私も2人目から臨月に入るといつも言われてました。)

でもまだ「降りてきてない」から生まれないんです。

子宮口が3㎝開いてると、お腹が張るわ張るわ。。。しかも結構いたい。

子宮がきゅーーーって収縮して、お腹がカッチカチになるのです。

これ前駆陣痛かも?と思って、陣痛間隔を計ってみるものの

不規則だったり間隔が縮まらなかったりでなかなか生まれない。

この期間が1ヶ月も!!本当に辛い!!

 

寝不足が限界で辛い

上でも書いた通り、ホルモンやら胎動やら他の子供やらで全然寝れない日々が続いていました。

まとまって寝れないので、終始寝不足。

それでもジムいったり、ブログ書いたり、やることはいっぱいあったので昼寝はしないように頑張ってました。

仕事が産休に入った人は、ゆっくり過ごして無理しないでくださいね。

そうそう。物音ですぐ起きるようになるのは、赤ちゃんが生まれた後のお世話がちゃんとできるように身体が準備しているからなんですよね。

わかってても辛い。早く出てきて~~~!

まさかの予定日超過で精神的に辛い

そんなこんなで、臨月が本当に辛かったのですが、自分の中のゴールはやっぱり予定日。

「出産予定日まで頑張れ!あと少し!」そんな感じで頑張っていたのに、予定日が来ても陣痛が来ない!!

さすがに予定日はすぎないだろうと思っていたのですが…5人目にしてまさかの予定日超過!(しかも初めて)

ゴールを目前にして、ゴールできずに辛すぎて泣きました。

保育園の先輩ママにポロっと愚痴ったら、

「私も4人目にして予定日10日超過だったのよ!結局ドクターと相談して促進剤使ったのよ!」

と、びっくりな体験談を聞き、少し気持ちが楽になりました。いろんな出産の形があるよね。うんうん。

 

今回のまとめ

私のように「臨月辛い!」と感じる人もいれば、

予定日よりもずいぶん早く生まれそうになって自宅安静を余儀なくされたママさん”や

いきなり破水して入院からの出産になるママさん“だっているし

体重管理そこまで必死にならなくても全然大丈夫だった!って人もいるだろうし…。

ホントに十人十色なんですよねえ。

しかも私自身も、子供5人産んでるけど、全員違った妊娠生活&出産を経験しています。

不安になる気持ちはもちろん。でもちゃんと産めるようになっているので安心してください♪

わが子に会えるまでもう少しです!頑張ってくださいネ!

そして出産はゴールではなく、育児のスタートラインですよ!

 

◆ 【妊娠中期~出産まで】体重管理のコツ